成約率が重要

私は、広告を選ぶときに最重要視するのが、「成約率」です。売れないサイトに良い見込み客のアクセスを送り込んでも稼げないからです。まず、僕が広告を選ぶ際は、検索上位に表示されている同業者のアフィリエイトサイトが勧めている広告をチェックします。たいてい3サイトくらい見ればどれも同じ広告を勧めているケースが多いものです。こういう言い方するのは語弊があるかもしれませんが、アフィリエイターが本当におすすめサイトだから紹介するという事は希で、実際は一番儲かる広告だからというのがほとんどです。上位に表示されているアフィリエイトサイトは毎日ある程度アクセスがあり、成約率がわかっているので、それらのサイトを見ることで参考になります。

たとえ同じような商品でも、有名企業の物のほうが成約率が高い傾向にあります。全く同じような製品が2つあったとしても、片方がテレビCMに出たならば、断然にソッチのほうが成約率が上がるので、CMや番組のチェックは欠かせません。

私が好まない例

クッションページが多いサイト
例えば、「資料請求プログラム」だったら、トップページにリンクを飛ばして、そこから資料請求ボタンを押させるのか、又は、リンク先が既に資料請求ページで住所などを書き込めるようになっているのかという違いでも、成約率は変わってきます。クリックする数が増えればおのずと成約率も悪くなります。
わかりづらいサイト
いったいどこに申し込みボタンがあるの??というサイトもよくあります。一目見てすぐに分からないサイトはよくありません。
やたらと電話を押すサイト
どのページに行っても「とにかく一度お気軽にお電話下さい」というような事が書かれている事があります。申し込みのところにも、「まずは電話してみる」と「WEBで申し込む」を選ばせるようなところもあります。僕らは、電話をかけられてしまったら報酬にはならないのです。その場合、本体のサイトはそのままで良いと思いますが、アフィリエイトを使うのであれば、WEB完結型のページがあったほうが嬉しいです。

まずは、オーバーチュアやアドワーズなどのPPC広告を利用しテストマーケティングをして、一番成約率の高い広告ページを見つけ出す方法もあります。

アフィリエイターでもPPC用のサイトを幾つか作成しテストマーケティングをしてから一気に広告を出すこともあります。

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

2006年からアフィリエイターとして生計を立てています。

サイト内検索